ビタミンB群を具現化した日




人間は通常より数が多いものを見るとテンションがあがる。兵馬俑や三十三間堂の千手観音像を見れば自然と声が出るし、バイキングで山盛りのポテトフライや大皿の焼きそばが並んでいればたちまち心のタコメーターはレッドゾーン突入だ。

「人間は」と書いたが、あくまで私の中では、だ。他人は知らないが、たぶんテンションがあがるだろう。あがるんじゃないかな。あがればいいな。

そんななか、先日雑誌を読んでいたら「〇〇にはビタミンA、ビタミンB群、ビタミンCなどが…」みたいなことが書いてあった。

ビタミンB群てなんだよ。

ビタミンBだけ群れているなんて知らなかった。チームか。特攻野郎Bチームか。

余談だが、「群」といえばパチンコ業界でも熱いらしい。 魚のパチンコなら魚群、アントニオ猪木のパチンコなら猪木群が出れば、もはや手に汗握らずにはいられないのだとか。そうか、猪木も群れるのか。

さて、問題のビタミンである。 ウィキペディア情報によると、


“ビタミンは機能で分類され、物質名ではない。たとえばビタミンAはレチナール、レチノールなどからなる。”

どうやら物質名ではないらしいが、正直よくわからない。ならばビタミンB群をわかりやすく具現化してみようじゃないか。

 


ビタミンB群をキャラクターにしよう

まずはビタミンBの種類と名前を調べてまとめた。


ビタミンB群は8種類

思いのほか少なく、名前も「ビタミンB○」でカタがつく。よかった。
これが「ドコサヘキサエン酸」とか「フェラーリテスタロッサ」みたいな名前で500種類くらいあったら、もういいやってなっていたところだ。

ではさっそく作っていこう。
各自、脳内でキューピー3分クッキングの音楽を再生して読み進めてほしい。

 


まずキャラ化しやすい、いい感じの丸いフリー素材を用意します。


いい感じの丸いフリー素材

 


そこに顔とビタミン名を書きます。


顔とビタミンB群の名前を入れる

 

ちょうど3分でビタミンB群ができた。あら、かわいい。

 

しかしこれじゃあちょっとかわいいだけで興奮が足りない。

次は動かしてみよう。ヌーの群れのイメージで。

 

 

 

わー、ビタミンB群だ!

 

ビタミンB群の大移動だ!こうなるgifアニメを作ったのに、再生したとたんニヤついてしまった。これを見ながら焼酎をロックで飲みたい。

 

しかし実際のビタミンB群が転がりながら移動するかは知らない。まあしないだろうな。これはフィクションだ。

 

無事ビタミンB群も大移動したし、私はこれで満足である。

 


 

とでも言うと思ったか。ここからが本番だ。フハハハハ!

 

ここまではパソコンの中でのできごと。

群を愛する群ラーとして、さらなる高みを目指さなければならない。

 

画面から飛び出して立体物として作っていこう。目指しているところが低みでないことを祈っていてほしい。

 

 

ビタミンB群を立体化しよう

 

ということで材料を買ってきた。

 

ねんど、絵の具、パレット

 

ねんどを丸めて絵の具で色を塗ろうという魂胆だ。

ここからは写真メインですすめていく。

 

丸めて

 

 

50gを量る

 

 

丸め完了

 

 

オーブンで強引に乾かす

 

 

こくまろが108円か

 

 

文字は書きにくかったので彫ることに

 

 

できた!

 

 

2セット!

 

 

ついにできた。

あんまりかわいくないところが逆にかわいいだろう。

これがビタミンB1ひとつだけならたいした感想もないだろう。しかしビタミンBは群である。8人いるのだ。

天地真理が「ひとりじゃないって素敵なことねー」と歌っていたが、まさに素敵な状態だ。鼻歌だって出るさ。

 

さっそく先ほどのgifアニメの再現をしてみよう。そいやそいや!

 

 

うーむ、もっとワーっと転がるかと思ったが、ぐだぐだになってしまった。

何度やってもだいたいこんな感じだったので、たぶんビタミンB群の機嫌が悪かったんだろう。まあそんな日もあるさ。

 

 

気分転換に外に出て記念写真でも撮って終わりにしたいと思う。何の記念かは知らんけど。

 

岩に立つビタミンB群

 

 

草むらに潜むビタミンB群

 

 

暴徒化するビタミンB群

 

 

回収されるビタミンB群

 

 


 

いきおいでビタミンB群を具現化してしまったが、この数日間の作業を通じて得た知見はねんどをこねるのは楽しいということである。童心と言わないまでも学生時代にかえった懐かしさがそこにはあった。

今後もいろいろなものをねんどで具現化していきたいと思う。

 

ねんどがあまったら作るよね

コメント