「捕まえて、食べる、ヤバいヤツら!」を見てきた日

9月27日、ロフトプラスワンWESTでおこなわれたイベント「捕まえて、食べる、ヤバいヤツら!」に行ってきた。



デイリーポータルZでもおなじみの玉置標本さん、平坂寛さん両名が本を出されたことによる出版&増刷記念のトークショーだ。

お二人の活動についてざっくり紹介すると、生き物を採って食べるというスタンスは同じだが、玉置さんはやる気があれば誰でもチャレンジできる系、平坂さんは誰もチャレンジしようと思わない系なのだ。あくまでざっくりなので、詳細は各自でネット検索していただきたい。

そんなふたりのトークショーが大阪で開催と言われたら、そんなの行かない手はないだろう。ということで、鼻息荒く参戦してきた。

イベント開催は前々から知っていたが、なにぶん仕事がウルトラ繁忙期の真っただ中だったので、当初は行けない確率100%と見積もっていたが、近年まれに見る驚異的な集中力を発揮してある程度メドがついたため参加することができた。


上下との温度差がすごい看板


会場はほぼ満席!

仕事の都合で前売り券は購入せず、当日券での参加となった。正直、当日券が出るというアナウンスがあったのでそこまでいっぱいじゃないのかなと思いながら少し遅れて会場に着くと、詰めてもらわなければならないくらい満席だった。まじかよ!

内容としては、本が出たイベントなので玉置さんは本の紹介&会場の厨房で作ったまぜそばの試食(玉置さんは製麺家でもあるのだ)。
平坂さんは本の内容を紹介しつつ、ネットでも公開していない蔵出し映像を披露。

どちらも本やネットで読んだことがあり、とても面白かったのだが、解説がつくと面白さが五割り増しくらいになって声を出して笑った。面白い文章を書く人はトークも面白いとかずるいな。
すっかり前のめりで見入ってしまったおかげで、ビール一杯しか飲めなかった。
終演後に焼酎飲んだけど。


舞台の上で製麺中


今朝の朝食がバラムツ


ふるまわれた和え麺

途中、休憩をはさんでふるまわれた和え麺が美味すぎて、半笑いで「なんでやねん」とつぶやいてしまった。おいしさにつっこむなんてはじめてだ。

3時間を超えるトークショーも盛り上がったが、のちのサイン会も23時を過ぎていたにもかかわらず長蛇の列になっていた。


長蛇の列

かくいう私もそれぞれの列に並び、サイン&ツーショット写真を撮っていただくことができた。





ひとつ残念だったのは、平坂さんの本は事前に手に入れられたのだが、玉置さんの本は本屋さんに在庫がなく、取り寄せしてもらったのだが当日に間に合わなかったことだ。
やむをえず当日物販で購入した冊子、趣味の製麺(玉置さんの同人誌)にサインしてもらった。

その時は事情を説明しサインを書いてもらったが、あとになって考えると冊子なんてサインを書くようなスペースがないのにわずかな余白にサインと似顔絵まで書いていただいて、家に帰ったから大変恐縮した次第である。


よくこのスペースに書いてくれたな

結局終電での帰宅となったが、仕事をむりやりにでも片付けてきた甲斐が十二分にあったイベントだった。

ちなみにとなりに座っていた人が、このイベントのためにわざわざ神奈川から来てたのもけっこう衝撃的だった。